ダンベル

【レビュー】Wout バーベルにもなる ダンベル 【コスパ最強です】

ヒロ

こんにちは、筋トレグッズマニアのヒロです。

今回はWout バーベルにもなる ダンベルを紹介します。

このような方におすすめです!

  • 重量調節ができるダンベルが欲しい
  • とにかく人気なダンベルが欲しい
  • 可変式ダンベルを買いたいけど、数万円もするのはちょっと気が引ける

では、さっそく始めていきましょう!

商品内容

今回私が購入したのは10kgタイプです。

付属品にトレーニングマニュアルもありましたが、すみません撮り忘れました

  • 1kgプレート×4
  • 1.25kgプレート×4
  • 35cmシャフト×2
  • 連結シャフト×1
  • 留め具×4
  • トレーニングマニュアル×1

商品の詳細

【価格】3,999円(2022/4/24時点)

【ラインナップ】10kg,20kg,40kg

実際のレビュー

大きさ、仕様について

大きさはこんな感じ。プレートをはめるシャフトが35cmなので、それ以上は大きくなりません。

上の画像は外側は1kgプレート、内側は1.25kgプレートをはめているので、

(1kgプレート×2)+(1.25kgプレート×2)+シャフト330g=4.8kg

となります。

プレートの装着枚数について

プレートは片側2枚まで付けることができます。

3枚目を付けようとすると留め具が締まらなくなります。

バーベル時の注意点

連結シャフトを使用することでバーベルとしても使用できるのですが、上の画像のようなプレートの付け方はNGと商品ページに記載してありました。

正直NGの付け方でも問題なく使用できます。

今回私が購入したのは10kgタイプです。NGの付け方ですと、

(1kgプレート×4)+(1.25kgプレート×4)+(35cmシャフト×2)+連結シャフト=約10kg

このように10kgのバーベルが出来上がります。

しかし、正規の方法でバーベルを作ると、

(1.25kgプレート×4)+(35cmシャフト×2)+連結シャフト=約6kg

つまり、商品ページで選択可能な10kg,20kg,40kgは付属するプレートの総重量であり、バーベルにした時のMAXの重量のことではありません。

ヒロ

これは特に注意して重量を選んでいただきたいです

プレートについて

写真の表面の質感やプレートのつなぎ目が気になりますが、使用する分には全く問題ないです。

独特の臭いがありましたが、徐々に消えていきます。

8角形のプレートなので、地面に置いた時にゴロゴロ動かないのも良いポイントです。

グリップについて

グリップ部分(35cmシャフト)は金属製ではなく冬場でも冷たくなりません。

しかし見ての通り凹凸や滑り止め設計がないため、少し握りづらいと感じる方もいるかと思います。

メリット

ダンベルを使用するトレーニング(サイドレイズ、ダンベルカール、フレンチプレスなど…)やバーベルを使用するトレーニング(ベンチプレス、アップライトロウ、ショルダープレスなど…)をこれ一つで全てできるのが最高です。

一つの種目の中でも、ウォーミングアップから高負荷のトレーニングまで重量を変えるだけで全て完結します。

デメリット

デメリットは重量の変更が大変なことです。

この手のダンベルの醍醐味なのですが、、、

  1. 留め具を外す
  2. プレートを抜く
  3. 好みの重量に変更
  4. また留め具を締め直す

これが思っている以上に大変です。

これを簡単に解決してくれるのが高級な可変式ダンベルです。

でもめちゃくちゃ高いです、、、(安くても1万円ほど)

まとめ

  • 自分のレベルに合わせて重量を設定できるダンベルは最強
  • 少し重量の変更が大変だが、コスパ重視でこれはあり

最後までありがとうございました。

今回紹介したダンベルはこちら→Wout バーベルにもなる ダンベル