懸垂バー

【レビュー】STEADY 懸垂バー 簡単設置 ぶら下がり懸垂マシン│取り付け方

ヒロ

こんにちは、筋トレグッズマニアのヒロです。

今回は、STEADY 懸垂バーをレビューします!

ジムに行くのが少しめんどう、でも筋トレがしたい方に是非おすすめなのが、今回レビューするSTEADY 懸垂バー取り付けは1分もかからず、自宅がジムに早変わりする便利な筋トレグッズです。

空いた時間に手軽に家で懸垂ができるのがとても良いですね!

こんな方におすすめです!

  • 家で懸垂がしたい
  • ネジ不要の懸垂バーがほしい
  • 外出先でも使用したい

では、さっそく始めていきましょう!

商品について

商品内容

箱には懸垂バー取扱説明書が入っていました。

今回は、ショート(設置幅72~92cm)をレビューします。

商品の詳細

【価格】4,980円 (Amazon価格)

【耐荷重】200kg

【サイズ】ショート(設置幅72~92cm)、ロング(設置幅92~124cm)

【重量】2.6kg(ショート)、3.3kg(ロング)

耐荷重の詳細

長さ耐荷重長さ耐荷重
72cm200kg92cm200kg
75cm150kg100cm150kg
80cm130kg105cm140kg
85cm110kg110cm130kg
90cm100kg115cm120kg
92cm90kg120cm100kg
124cm80kg
左側がショート、右側がロング

取り付け方

①ドア幅に懸垂バーの長さをある程度合わせる

懸垂バーの長さが約71cmで、ドア幅が約78cmなので、まず懸垂バーの長さを約78cmまで伸ばします。ドア幅ピッタリまで伸ばすとギシギシで入らなくなるので、ドア幅より少しだけ短いくらいに伸ばします

反時計回りに回し、伸ばします。(左右同じくらい伸ばしましょう)

②ドア幅に仮止めする

ドア幅(ここでは約78cm)まで伸ばしたら、軽くドア幅にはめます。(仮止め)

③懸垂バー回してロックする

軽く仮止めができたら、少しずつ懸垂バーを伸ばし、固定していきます。

回す方向は懸垂バーの中央部に向きを示すシールが貼ってあります

※やりすぎるとドア幅がミシミシ鳴るのでほどほどに

④最後に安全ロックを締める(六角レンチ)

最後に付属の六角レンチで安全ロックを左右2か所締めて完成です。

レビュー

大きさについて

懸垂バーの長さは一番短くした状態で約70.5cmです。

安全に使用するために取り付けるドア幅に赤いすべり止め部分(横4.7cm×縦8cm)が確保できる環境で使用してください

グリップについて

グリップは柔らかい素材でコーティングされており、握ると気持ち良いです。

若干滑り止め機能もついているので、トレーニング中にズレることも少ないと思います。

こちらはグリップの厚みです。このくらい厚みがあれば手が痛くなることはまずないです。

ヒロ

懸垂をするうえで握力に自信のない方にはパワーグリップをおすすめします。握力をほとんど使わずにぶら下がることができるので、トレーニングに集中でき、効率が良くなります。

滑り止めについて

接地面(赤い部分)は可動式で、さらには壁が傷つかない特殊加工がされています。

使用中はびくともしないほどガッチリ固定されているので、安心してトレーニングできます。

まとめ

良い点

取り付けが簡単

1分ほどで取り付けができるので、「筋トレしたい」と思ったらすぐ開始できるのが良いです。(取り付けが面倒くさいと、それだけでやる気がなくなりますよね)

突っ張り能力がスゴイ

びくともしないほどガッチリ固定されます。これが少しでもガタガタしていると、怪我の心配が勝ってトレーニングに集中できないです。

悪い点

壁が傷むかも…

様々なレビューを見ていると、中には壁紙が破れたり、壁が凹んだりと…

突っ張り能力が強すぎるが故に壁にダメージが残る場合もあるそうです。

強く固定しすぎるとよくないので、ある程度固定できたら懸垂バーの長さを伸ばすのはやめたほうがいいよいです。

固定の強さはほどほどにしましょう

最後までありがとうございました。

今回紹介した懸垂バーはこちら⇒STEADY 懸垂バー